中国人はなぜ日本便座に興味津々

第244号  2015年2月15日発行

トップ記事 中国の財政作家、呉暁波氏は、日本の秋葉原で中国人観光客が争って日本の便座を買うのを見て溜息が出たという。帰国して書いた『日本で便座を買う』という文章がネット上で大変な話題となった。 呉氏は、中国人観光客が列を作って日本の炊飯器や包丁、保温カップ、電動歯ブラシ、便座まで買っていることは、日本の製造技術が中国を遥かに超えていることの証明であるとし、中国の製造業へ憂慮を示した。そして「中国製 […]

続きを読む…

中国人投資家 360億円で日本不動産を購入

第244号  2015年2月15日発行

HOT NEWS 日本における海外マネーの流入は現在、不動産市場でも存在感を増し、中国を含む国際投資家が大きな興味を示している。統計によると、中国の個人の投資家が日本の不動産市場において大きな存在感を見せている。みずほ系の不動産シンクタンク「都市未来総合研究所」が最近まとめたデータによると、2014年、外国人投資家の日本不動産取得額が9777億円に達するなど、「日本不動産買収ブーム」が巻き起こって […]

続きを読む…

数億の人が一斉に帰省

第244号  2015年2月15日発行

HOT NEWS 「舂運」(舂節の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)が4日から正式に始まる(3月5日まで)。多くの人がすでに乗車券を購入して帰省への期待をふくらませている。地元の郷土料理を食べ、両親の顔を見るためには、どんな苦労があっても物の数ではない。 「舂運」という言葉が最初に登場したのは1980年の「人民日報」だった。改革・開放以降、人の流動に対する制限が緩和されるのに伴い、ますます […]

続きを読む…

李克強総理が浙江に出した宿題

第244号  2015年2月15日発行

コラム 今月上旬中国の浙江省に行き、一年に一度開かれる舟山市議会に出席した。舟山市は私の故郷で、昨年「舟山市政治協商会議委員」に選出された。これはいわゆる市会議員で、毎年一回の会議に出席しなければならない。 舟山市は中国第四の新区で、最近李克強総理が浙江を視察した際、舟山新区に一つの宿題を出した。テーマは「舟山江海聯運センターの建設」である。 李総理はなぜこのような宿題をだしたのか。舟山は長江デル […]

続きを読む…

日本新幹線は中国高速鉄道と戦えるのか

第244号  2015年2月15日発行

特別報道 2006年、中国は日本の川崎重工に「はやて」新幹線列車60両を発注した。 当時、誰もがわずか9年の時間内に、中国が日本のこの新幹線車両を利用し、技術改良と更なる研究開発を進め、中国独自の高速鉄道技術を築き上げるなどとは考えもしなかった。そして現在、中国の高速鉄道技術は、日本に肉迫しているだけでなく、国際市場において、すでに、日本の最大のライバルになっている。   ■中国最新列車 […]

続きを読む…

鄧小平氏「尖閣」について何をかたったのか

第244号  2015年2月15日発行

特別報道 日本記者クラブ 貴重な歴史音源資料を初公開 記者会見に臨んだ鄧小平氏(日本記者クラブ提供) 日本記者クラブは創立45周年事業として、カセットテープやオープンリールで保存していた過去の会見の音源をデジタル化し、一部を2月に入って公開した。そのうち注目されたのは、1978年10月25日、当時中国副首相として初めて訪日した鄧小平氏の会見録音である。 日中平和友好条約批准のため来日した鄧小平氏は […]

続きを読む…

習近平のいわゆる「之江新軍」

第244号  2015年2月15日発行

特別報道 中国政治に興味を持つ者にとって、過去十年余りの内浙江日報》や浙江で発行されている市、県クラスの新聞には、今こそ大いに参考になる文献資料が埋蔵されているといえる。これらの歴史を記録した記事からは、今日の中国指導層における「治国執政思想」の淵源を読み取ることができるとともに、党、政府組織。の人脈の理解の一助ともなるものである。 2002年から2007年まで、習近平は浙江省委書記を五年の長期に […]

続きを読む…

7.4%GDP 成長率は高いか?低いか?

第244号  2015年2月15日発行

特別報道 本紙編集長徐静波・(社)経済広報センターでの講演録 本紙編集長徐静波は、日本経済広報センターの招待で、1月30日、経団連で「最新の中国経済動向と日本企業の投資時の留意点」について、講演した。講演録の一部は以下の通り。 2014年の中国のgGDP成長率は7・4%で終わり、中国政府の目標9%に対して低く着地をしたので心配している方も多いが、心配する必要がないと見ている。何故ならば1%の成長率 […]

続きを読む…

在日中国人の「代理購入」逮捕者続出

第244号  2015年2月15日発行

特別報道 日本に住む中国人が商品を購入して中国の買い手に発送するという「代理購入」現象が一般化している。ここ数年、中国人の所得レベルが上がると同時に円安が進むにつれて、中国人の消費の触手が日本に向かって伸びてきており、このような現象が一般化する結果となっている。 バッグから腕時計まで、化粧品から生理用ナプキンまで、紙おむつから粉ミルクまで、日本製の商品はどれを取っても、格別に人気が高い。日本に住む […]

続きを読む…

シチズン広州工場閉鎖の裏側

第244号  2015年2月15日発行

日系企業 「私かあなた方の上司であるのは、今日が最後です」。今月8日、シチズン精密(広州)有限公司(中国社名:西鉄城精密(広州)有限公司)の1名の管理職が、大勢の従業員を前に、このように話した。同工場は、有名な日本の時計メーカー 「シチズングループ」の中国にある重要な生産拠点だ。同社は5日、何の前触れもなく、突然工場の閉鎖を宣言した。一部の従業員は、補償措置を不満として、それから数日間、工場側と交 […]

続きを読む…