AIIB初代総裁 金立群氏有力

第246号  2015年4月15日発行

トップ記事 2014年10月23日、21か国の財政部長と代表者が北京でアジアインフラ投資銀行(AIIB)設立の覚書に調印する前日、中国国際金融公司の会長である金立群が会長職を辞任した。彼の新しい職務は中国財政部アジアインフラ投資銀行準備事務局長、およびアジアインフラ投資銀行臨時多国間調整事務局の局長である。 財政界のベテランとして、金立群は財政部世界銀行局局長、財政部長補佐官、財政部副部長を歴任す […]

続きを読む…

利権が制限され 公務員の転職が3割増

第246号  2015年4月15日発行

HOT NEWS 最近、中国人の転職ラッシュの中で、動きが最も活発なのはどの業界だろうか。このほど、中国の求職サイト・智聯招聘が発表した調査報告の中で驚きをもって迎えられたのは、「鉄飯碗」(安定した就職先)とみられていた公務員がついにホワイトカラーの中で最も活発に転職する人々となったことだった。2月の春節後、ホワイトカラーの半数が転職の意向を示し、すでに転職した大は14%に迫り、転職した人の新たな […]

続きを読む…

韓国 中国人に電子ビザ

第246号  2015年4月15日発行

HOT NEWS 韓国政府は2016年1月から、中国人観光客を対象とした電子ビザ(e-VISA)発給サービスについて、対象範囲を個人客から団体客まで拡大する計画という。韓国法務部(省)は6日、中国人観光客の誘致を目的として、電子ビザの発給対象範囲を、あらゆる団体観光客まで拡大し、カスタムメイド型ビザ発給サービスを実施すると発表した。 中国人観光客を対象としたカスタムメイド型ビザ発給サービスが実施さ […]

続きを読む…

『2023年の中国』出版に際して

第246号  2015年4月15日発行

コラム 一年以上の時間をかけて執筆した『2023年の中国』が作品社から出版された。 この本は9章からなる。第1章中国「法治国家」への道のり、第2章中国は米国を抜く大国になるか? 第3章10年後の日中経済関係、第4章中米「G2」時代は来るか? 第5章中国が乗り超えなければならない課題、第6章李克強の経済学(リコノミクス)、第7章中国社会はこう変わる、第8章習政権のブレーンと2023年の中国の主役たち […]

続きを読む…

中国人はなぜ日本不動産を購入するのか

第246号  2015年4月15日発行

特別報道 ここ数年、日本円の値下がりを受けて、中国の投資家はチャンスを見定め、日本の自然環境や不動産の質に目を向けるようになってきた。多くの中国人が日本で不動産を購入しており、日本には中国人オーナー向けに特化した税理士事務所も登場した。ここからわかることは、世界各地に暮らす中国人は、日本の不動産の真の価値を鋭く察知しており、日本での不動産購入がブームになりつつあるということだ。 日本の不動産研究所 […]

続きを読む…

日本での不動産購入のリスク

第246号  2015年4月15日発行

特別報道 「日本の不動産は土地と一緒に売られるため、もしも売らなければ、子孫にも残すことができる。」中国人はこれが一番のメリットだと思っている。 近年、中国の富裕層が拡大を続け、円安で投資が有利となる中、自然環境に恵まれ、建物の質も高い日本の不動産を購入する中国人が増えている。日本にはさらに、中国の不動産購入者に専門サービスを提供する税理士事務所も出現している。日本に住む中国人の郵さん(女性)は、 […]

続きを読む…

中国老齢化社会に於ける大きな商機

第246号  2015年4月15日発行

特別報道 儒学という観点からすると、子が老いた父母に孝養を尽くすのは、絶対的道義である。しかし、21世紀の中国では状況が大きく様変わりしてしまった。大多数の成年者はフルタイムの仕事をもっており、加えて、一人っ子政策がもたらした人口問題は、中国が、人口老齢化によって引き起こされる社会並びに経済の挑戦を研究する人々に極めて興味深い例題を提供しただけでなく、老齢化によって、巨大な商機を秘めているのである […]

続きを読む…

中国の小売業は何を捨て、何を取るか

第246号  2015年4月15日発行

特別報道 中国聯商網は今月8日、「2014年主要小売業閉店統計」を発表した。その報告書によると、2014年12月31日までで、全国の主要な小売業(百貨店、スーパーマーケット)201店が閉店している。この数字は2013年の35店に対し147%と大幅に増加しており、史上最高を記録した。その中には、日本のイトーヨーカ堂が北京で出店していた4店舗も含まれている。 複数の関係者によれば、閉店の原因は高い賃料 […]

続きを読む…

京高級ブランド店 客足6割減

第246号  2015年4月15日発行

特別報道 シャネル(CHANEL)製品が中国市場で値下がりし、買い物客が店舗に殺到したという情報に、微信(Wechat)のモーメンツ(朋友圈)は騒然となった。 シャネルが中国で値下げ、消費者殺到・品切れ続出 世界に名だたる高級ブランド・シャネルグループは3月17日、一部商品の価格値下げを4月8日から世界規模で実施すると発表した。 中国大陸部、香港、韓国、ベトナム、ロシア各国の市場で一斉値下げが行わ […]

続きを読む…

パナソニック 中国で苦境に立つ

第246号  2015年4月15日発行

日系企業 パナソニックは中国で苦境に立だされている。さきに経営に問題のあった山東省のテレビ工場を閉鎖したのに続き、洗濯機と空気清浄機でも問題が起きている。 パナソニックは、中国・山東省で唯一保有していた液晶テレビ工場「山東松下電子信息有限公司」を1月30日に閉鎖し、中国でのテレビ生産から完全撤退することになった。同社は2年前に上海のプラズマテレビエ場も閉鎖している。中国市場向けに年20万台を生産し […]

続きを読む…