株暴落 中国の政治経済を直撃

第249号  2015年7月15日発行

トップ記事 世界の経済はギリシャのデフォルトヘの対応に苦しみ、ユーロ離脱の可能性に苦しんでいる。同じ時、中国の株式市場の損失(3週間で30%を超える下落)は世界経済に多くのリスクを与え、さらに影響は大きくなる可能性がある。中国株式市場は6月12日に最高値を付けてから、2・7兆ドル(約16・7兆人民元)が消えた。これはギリヅヤの借金の6倍に相当し、ギリシャの11年のGDP総額に相当する。 これまで成 […]

続きを読む…

京、通州に副都心設置へ 中心部をDCに

第249号  2015年7月15日発行

HOT NEWS 北京市は2020年までに人口を2300万人以内に抑制するため、通州区に行政副都心を設置することを決めた。 北京市の人口は2000年から2013年まで、年平均で60万人以上増加し、北京市の常住人口は875万人増えた。2014年末現在、2151万6000人に達した。人口密集や交通渋滞、公共資源の不足など、都市問題も露呈された。 11日に閉幕した中国共産党北京市委員会の会議で、「『北京 […]

続きを読む…

外国人観光客への接待能力の弱さを考える

第249号  2015年7月15日発行

コラム 4000人ほどの中国人観光客を乗せた大型クルーズ船が鳥取県の港に寄港した。このクルーズ船は6月29日に上海を出発し、5泊6日で日本を観光。同ツアーは当初日本と韓国を回る予定だったが、中東呼吸器症候群(MERS)の影響で鳥取県の漁村へ立ち寄ることとなった。 寄港したのは鳥取県の日吉津村で、これまで最多でも200人余りの観光客を受け入れたことしかない。村民は中国人観光客らを歓迎ムードで迎えたが […]

続きを読む…

中国がAIIBを主導できるのか

第249号  2015年7月15日発行

特別報道 57人の「乗客」は旅支度を調えて、今まさにアジアインフラ投資銀行(AIIB)という1千億ドル(約12兆2920億円)の価値がある「豪華バス」に乗り込もうとしている。AIIBの創設メンバー57力国の政府高官が6月29日に北京に集まり、「アジアインフラ投資銀行設立協定」に調印した。これにより、AIIBおよび同行の今後の運営をめぐり各メンバー国が共に遵守すべき「基本ルール」が成立、順調なスター […]

続きを読む…

中国人 米住宅購入後の維持は困難に

第249号  2015年7月15日発行

特別報道 全米リアルダー協会(NAR)が発表した情報によると、中国人はカナダ人を抜き、米国の住宅の鐓大の外国人購入者となった。 米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は6月18日、NARの調査結果を報じた。今年3月末までの12ヶ月間、米国の住宅の外国人購入者のうち、中国人が16%を占めた。この数値は2013年の12%を上回った。カナダ人は14%で、2013年の23%を大きく下回った。3位はイ […]

続きを読む…

6月の中国経済の六大ホットワード

第249号  2015年7月15日発行

特別報道 6月の中国経済のホットワードが1日に発表され、トップは「上海指数急落」だった。他には「中国の強気市場」、「人民銀金利・準備率引き下げ」、「欧州の対中ビザ発給要件緩和」などが並んだ。   ①海指数急落 6月29日、上海証券取引所の総合指数は前日比7・4%低下と急落し、7年ぶりに一日の下げ幅の記録を更新した。創業ボード指数も8・91%低下した。週末には中国人民銀行(中央銀行)が乗り […]

続きを読む…

中国人観光客 日本の常備薬を「爆買い」

第249号  2015年7月15日発行

特別報道 温水洗浄便器に続き、中国人観光客が夢中になって買い求める日本製品に、「神薬」がある。実際、いわゆる「神薬」とは、決してなかなか手が届かない神秘的な薬ではない。日本のドラッグストアならどこでも見かける、処方箋不要のポピュラーな常備薬なのだが、ネットユーザー同士の口コミによって、いつしか「神薬」と崇められるようになった。   ■中国人観光客の「爆買い」で日本のメーカーは大儲け 日本 […]

続きを読む…

観光客の「爆買い」がラオックスを救う

第249号  2015年7月15日発行

特別報道 海外旅行から帰ってきたら女の子たちに一番よく聞かれるのは、どこに行ったの」ではなくて「何を買ったの」だ。今風の中国式の旅行を3文字で表現すれば「買買買」ということになる。中東呼吸器症候群(MERS)の流行で韓国旅行が下火になっていることもあり、今また日本旅行が人気を集めている。   ■中国人観光客は中国系免税店を救う 熱狂的に買い物する中国人だが、一体どれくらい消費力があるのだ […]

続きを読む…

ダイキンの一部生産は中国から日本へ

第249号  2015年7月15日発行

日系企業 空調メーカー・ダイキンエ業株式会社は8日、中国の家庭用エアコンの生産能力の一部を日本に移転することを明らかにした。この発表を受けて、ダイキンが中国から撤退するのではないかとの憶測が改めて広がっている。ダイキン関連部門の責任者は取材に答える中でこうした憶測を否定したが、外資系の空調ブランドが中国市場から相次いで撤退していることから、コンピューター産業と同じように、エアコン産業も徐々に中国ブ […]

続きを読む…

資生堂は「中国通」を欠く

第249号  2015年7月15日発行

日系企業 資生堂が中国で大なたを振るって進めている改革の原因が、このほどついに明らかになった。資生堂(中国)投資有限公司(資生堂中国)の鎌田正志前総経理(社長)がこのほど、中国の化粧品メーカー広東丸美生物技術株式有限公司(丸美)に迎え入れられたのだ。新たに資生堂中国の総代表になったドイツ人のラルフ・アーベック執行役員常務は、このニュースに先立って資生堂中国の大規模な改革を進めることを明らかにしてい […]

続きを読む…