016年中国経済の行方

第254号  2015年12月15日発行

トップ記事 2015年中国経済が厳しい状況であったことは疑いない。これまで前例のないほどの株の乱高下により、株主たちの信頼を失ってしまった。経済下降のプレッシャーはますます大きく、GDP成長率が7%を割り込む確率が高い。 一方で伝統工業は早急のレベルアップを迫られ、中低レベルの工業は過剰生産、高レベルの産業は需要を満たせない状況だ。また商品の在庫も多く、不動産投資も大帽に減少している。他方、世界経 […]

続きを読む…

中国 アジア最大のハイテク製品輸出国に

第254号  2015年12月15日発行

HOT NEWS アジア最大のハイテク製品輸出国の地位はこれまで日本が占めていたが、中国が取って代わったという。 ブルームパーグは8日、アジア最大のハイテク製品輸出国の地位はこれまで日本が占めていたが、中国が取って代わったと指摘した。 アジア開発銀行の報告書によると、中国の輸出する医療設備や航空・通信機器などのハイテク製品がアジアの同輸出総額に占める割合は2000年の9・4%から2014年に44% […]

続きを読む…

アジア通信社、中国ネットラジオ局に「日本チャンネル」開設

第254号  2015年12月15日発行

HOT NEWS 1億8000万を超えるリスナーを有する中国の有名なネットラジオ局「ヒマラヤFM」が、12月10日、アジア通信社(中国経済新聞の発行会社)と協定を結び、12月下旬から合同で「日本チャンネル」を開設する運びとなった。日本の政治、経済、社会に関する最新の動向を中国語で毎日報道し、日本の観光資源や消費動向についても紹介していく。 […]

続きを読む…

日本企業の中国市場における新動向

第254号  2015年12月15日発行

コラム 12月上旬、私は上海で開催された上海海外聯誼会成立30周年記念会議に参加した。 上海市政府の外郭団体であるこの海外聯誼会に、私は理事に就任した。同時に新たに成立した「日中分会」副会長にも就任することになった。上海海外聯誼会は上海市政府に関係する海外人の団体で、江沢民、朱鎔基もこの会の会長に就任したこともあり、現会長は上海市委員会常務委員、統戦部長の沙海林氏である。「日中分会」は中国の各省市 […]

続きを読む…

復星グループと郭広昌会長の浮き沈み

第254号  2015年12月15日発行

特別報道 2015年、もっとも日本社会を騒がせた中国企業による日本への投資参入案件は、上海豫園旅游商城が北海道の星野リゾートトマムを183億円で買収したことだろう。これは中国企業による日本不動産の公開買い付け史上最大の規模であり、日本社会の評価も毀誉褒貶が入り乱れた。 実のところ、上海豫園旅游商城は中国復星グループが買収した子会社のひとつであるため、「豫園旅游商城が星野リゾートトマム」を買収したと […]

続きを読む…

アリババはなぜ香港英字新聞を買収するのか

第254号  2015年12月15日発行

特別報道 香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(南華旱報)を発行するSCMPグループは11日、中国電子商取引最大手の阿里巴巴(アリババ)集団が同紙を含むメディア事業を買収したと発表した。 買収額など詳細は公表していない。中国企業の傘下に入ることで、編集の自由が脅かされるとの懸念も浮上している。   ■1903年に創刊された伝統ある新聞 サウス・チャイナ・モーニング・ポストは香港 […]

続きを読む…

中国人は海外通販時代へ

第254号  2015年12月15日発行

特別報道 年末の買い物シーズンがまもなくやって来る。今やますます多くの中国人が、年末の買い物から海外製品の買い物へと軸足を移している。10年前の2005年、中国人は海外代理購入を通じて海外製品を買うようになり、それからの数年間に、海外代理購入は急速に大幅に拡大した。そして10年後の今、商品の質に対する要求が高まったこと、税関の監督管理かより適切に行われるようになったことなどを受けて、海外代理購入か […]

続きを読む…

中国人観光客は各国でいくらを使った?

第254号  2015年12月15日発行

特別報道 もうすぐ幕を閉じる2015年には、中国人観光客が世界的な話題になった年だ。中国観光研究院がまとめたデータによると、中国の海外観光客の人数と購買力は3年連続で世界一だった。15年の中国ののべ海外旅行者数は16%増加し、初めて1億2千万人を突破。中国人観光客が「盛んに海外に出かける」その裏で、受け入れ国が豊富な経済的メリットを享受していることは間違いない。中国人観光客を引き寄せるため、各国は […]

続きを読む…

衰えを知らない中国人の消費意欲

第254号  2015年12月15日発行

特別報道 「出格消費」が新たなブームに 博報堂生活総研(上海)と中国伝媒大学広告学院が、「生活者『動』察2015」年度研究結果を北京で共同発表した。 博報堂生活研究総研の鐘鵈首席研究員は、「出格(しゅっかく)消費」という理念を打ち出し、消費行動の巨大な変化を分析、その変化に対応したマーケティング戦略を提案した。 2013年に若者の価値観に対して提案された「創游(そうせん)」、2014年にソーシャル […]

続きを読む…

中国企業が日本観光市場に投資加速

第254号  2015年12月15日発行

日中関係(日中経済) 上海豫園旅遊商城株式有限公司が日本のスキーリゾートを買収、春秋集団が日系企業と提携して日本でホテルを開業、旅行予約プラットフォームの同程旅遊が日本の旅行会社と合弁会社を設立などなど。最近の報道を振り返ると、中国企業が日本の「陣地」に進出して産業チェーンを形成するのが一つの流れになっており、競争が日に日に激化していることがわかる。 豫園旅遊は今月10日に公告を発表し、9億470 […]

続きを読む…