中国人「爆買い」電子製品から化粧品へ

第263号  2016年9月15日発行

HOT NEWS 中国人観光客の日本での「爆買い」はまだ続いているが、関心の的は電子製品から化粧品へと移り変わっている。 日本政府観光局(JNTO)が圭とめた最新のデータによると、円高が中国人観光客の旧本旅行熱を冷圭したとみられるが、それでも日本は今年7月にのべ73万人を超える中国人観光客を迎え入れたという。 データによると、メイド・イン・チャイナの電子製品の品質向上にともない、中国人観光客は日本 […]

続きを読む…

高見邦雄氏 中国で25年間植樹

第263号  2016年9月15日発行

HOT NEWS 68歳の日本人高見邦雄氏は、中国の黄土咼原にある山西省大同市で、25年間で約1900万本もの木を植え、緑化した面積は6000ヘクタールに達する。この数字が、高見氏が中国緑化事業にいかに尽力してきたかを物語っている。 高見氏は、1992年から毎年「緑の地球ネットワーク」という団体と多くの日本人ボランティアを連れて、大同で緑化事業を続けてきた。荒れ果てていた大同の地は緑に覆われ、同地 […]

続きを読む…

中国 対日外交関係に微妙な変化

第263号  2016年9月15日発行

コラム 8月下旬、北京を訪れ、在日の中国人学者と共に、在中国日本大使館の石川浩司政務担当公使と岩永正嗣商務担当公使を訪問した。また中国外交部で日本の事務を担当する高官との座談会を行った。 今回の訪問は、中国の警備船と漁船が大挙して尖閣列島(中国名:釣魚島)付近の海域に出没した問題がまさに起こった時期にあたり、これが座談会の主題となった。 中国側の言い分は、大量の漁船と警備船が尖閣列島周辺に出没した […]

続きを読む…

日本企業は中国通販に商

第263号  2016年9月15日発行

特別報道 今年上半期には日本を訪れる外国人観光客の伸びが鈍化し、これまで日本製品を買うことに夢中だった中国人観光客の支出も減少し、大手総合免税店ラオックスは経営に大きな打撃を受けたという。ラオックスの広報宣伝袒当の上層部によると、「一番よく売れる商品が10万円くらいする炊飯器や他の家電製品から(価格の安い)日用品へと移りつつある」という。 共同通信社の今月7日付報道によると、ラオックスは日本の直営 […]

続きを読む…

無印良品 中国で値下げしても閑古鳥

第263号  2016年9月15日発行

日中経済 日本の雑貨店ブランド・無印良品は8月末から28日間にわたるセールを行い、一部の商品の割引を実施したほか、いくつかの商品に関しては10~30%下げた新価格設定を行った。無印ファンなら、最大規模の値下げであることを知っているはずだ。しかし、実際に店舗に行って取材してみると、客はまばらで、割引商品の「争奪戦」は見られなかった。北京服装学院市場マーケティング学部の趙洪珊・学部長は、「消費者の心理 […]

続きを読む…