中国人「日本不動産の爆買い」が終了

第267号  2017年1月15日発行

トップ記事 中国人民銀行が7日に発表した最新のデータによれば、昨年工2月末の中国外貨貯蓄規模は3兆105億ドルで、11月末に比べて410億ドル、1・3%減少している。これは去年の7月から連続6か月の外貨貯蓄額縮小だが、未だに3兆円のラインは守っている。また、2016年の外貨貯蓄は一年を通して3198億ドル、9・6%減少している。多く評論では、中国の外貨貯蓄に危機が迫っており、警戒ラインに近いとされ […]

続きを読む…

「90後」富豪番付 25歳令嬢は1360億円

第267号  2017年1月15日発行

HOT NEWS 中国網と「21世紀人材報」は昨年12月末、2016年版の中国「90後」(1990年代生まれ)高粱番付を発表した。それによると、竜光地産の紀凱婷が2016年もトップで、資産額は80億元(約1360億円)に達し、「最も若い女性億万長者」になった。紀凱婷は1990年生まれ、今年25歳、ロンドン大学経済学部卒業、竜光地産(広東省)の紀海鵬会長の娘で、竜光地産の取締役を兼任している。 昨年 […]

続きを読む…

2016年、100世帯当たり自動車平均36台

第267号  2017年1月15日発行

HOT NEWS 中国公安部(省)交通管理局の統計によると、2016年末の時点で、中国全土の機動車(自動車や原動機付き自転車など)保有台数が2億9000万台に達した。うち、自動車が1億9400万台。機動車のドライバー数は3億6000万人で、うち自動車のドライバーが約3億1000万人だった。 自動車の保有台数は1億9400万台で、新登録台数と年間増加台数がいずれも過去最高となった。2016年に新たに […]

続きを読む…

2017年 中国市場をどう見るか

第267号  2017年1月15日発行

コラム 1月13日、一般財団法人経済広報センターが開催した日本企業と中国メディアの新年会に参加した。 参加した日本企業の代表はいずれも経団連の会員企業の広報担当者で、今年は昨年より参加者が多かった。 その会で東洋紡コーポレートコミュニケーション部の久保田冬彦部長とお会いした。東洋紡は言わずと知れた135年の歴史を持つ日本の紡績業の巨頭企業だ。しかし中国では東レほど知名度がない。何か問題なのだろうか […]

続きを読む…

第19回党大会前に人事大移動

第267号  2017年1月15日発行

特集 李書磊は王岐山の後継で注目の人選 「純正習近平の時代」が始まる 1月8日、中国共産党第18期中央紀律検査委員会第7回全体会議が閉幕した。習近平主席の助手、北京前紀律検査委員会書記の李書磊が中央紀律検査委員会の副書記に選ばれた。 1964年1月生まれの李書磊氏は学術にも優れた官僚として脚光を浴びている人物である。14歳で北京大学入学、24歳で北京大学文学博士号を取得し、「北京大学の神童」と呼ば […]

続きを読む…

アサヒ農業事業はなぜ中国で失敗したのか

第267号  2017年1月15日発行

特集 2006年、アサヒビールと住友化学、伊藤忠商事の3社が、中国・山東省の莱陽市に「朝日緑源社」を設立し、現代の農業生産に携わることになった。その年、朝日緑源は乳牛の飼養、トウモロコシ、小麦、イチゴなどの栽培を目的として、100ヘクタールもの耕地を20年契約で借りている。しかし、それからわずか10年で、アサヒビールがこの会社を売却し、中国の現代農業事業から撤退するというニュースが伝わってきた。 […]

続きを読む…

「君の名は」中国で最高の収入記録

第267号  2017年1月15日発行

特別報道 封切りから一ヶ月近く経った日本のアニメーション映画「君の名は。」は、各映画館で逐次上映終了となっている。残るスクリーン数がわずか1%となっているが、同作品は5億5700万元(約94億円)の興行収入を記録した。 この成績により、「君の名は。」は、「STAND BY MEドラえもん」を上回り、中国映画市場における日本映画の最高興行収入記録を樹立、英語以外の輸入作品の最高記録にも輝いた。 この […]

続きを読む…

日本など海外医療ツーリズム熱上昇

第267号  2017年1月15日発行

特集 スイスでアンチエイジングのケアをする、日本で健診・検診を受ける、韓国で美容整形をする……観光旅行と医療健康という2つの需要に応える新しい旅行スタイルが生まれている。医療(メディカル)ツーリズムだ。 医療ツーリズムの人気が徐々に高まっている。オンライン旅行サービス会社・携程旅行網がこのほど発表した「2016年オンライン医療ツーリズム報告」によると、16年に携程プラットフォームで海外医療ツーリズ […]

続きを読む…

2017年、各国は中国人観光客を争奪戦

第267号  2017年1月15日発行

特集 2016年、中国の海外観光客数がのべ1億3300万人を突破し、17年の春節(旧正月、1月28日)に海外に出かける人はのべ600万人を超える見込みだ。ますます多くの人がますます遠くへ出かけるようになり、これまでのように香港・澳門(マカオ)・台湾地区やシンガポール、マレーシア、タイなどの近場ばかりを選ぶということはなくなった。ニュージーランド紙「ニュージーランド・ヘラルド」によると、今後5年で中 […]

続きを読む…

日清食品 中国市場で単独で戦う

第267号  2017年1月15日発行

日中経済 インスタントラーメン市場での10年に及ぶ奮闘の時期を経て、日清食品グループはこのほど中国での合弁事業から撤退することを明らかにした。これは、日清と中国ラーメンメーカーの今麦郎との1O年にわたる協力関係の終わりを意味する。日清は今後、香港や上海などでうち立てた基礎の上で事業を展開し、インスタントラーメンの高級化戦争に独自に乗り出す構えだ。 ■袂を分かった日清と今麦郎 日清は昨年12月まで、 […]

続きを読む…