回復の気配 底を打つか中国経済

第272号  2017年6月20日発行

トップ記事 中国経済は底を打つ、回復する芽が見えてきた。中国国家統計局は14日に5月の経済データを発表した。劉愛華報道官は、「5月の国民経済は全体的に安定し、安定の中で好転する発展状況が持続し、供給と需要が安定的に増加し、雇用情勢が引き続き好転、物価は穏やかに上昇し、企業の収益状況が引き続き改善して、経済構造が最適化を続け、経済発展のバランスと安定性が強まった」と述べた。 5月の経済データをみると […]

続きを読む…

中国の代理購入で韓国免税店やや売上増

第272号  2017年6月20日発行

HOT NEWS 「サードミサイル配備」の問題が影響して、ここ数ヶ月間、韓国を訪れる中国人観光客が激減しており、韓国各界は深い懸念を示していた。だが韓国の最新の統計によると、4月には韓国の免税店の売上咼が前年同期に比べて小幅ながら増加し、業界の予測を上回った。韓国メディアは、「これは中国の業者が韓国で代理購入をしたため」との見方を示している。 韓国メディア「亜州経済」の報道によると、韓国関税庁が5 […]

続きを読む…

「高速鉄道」は「中国新四大発明」首位に

第272号  2017年6月20日発行

HOT NEWS 高速鉄道、ネットショッピング、オンライン決済、シェア自転車。これらは、外国人が選出した「中国の新四大発明」である。アスタナ国際世界博覧会中国館が1O日、カザフスタンの首都アスタナでグランドオープンした。中国館では高速鉄道が最も代表的な発明の一つとして紹介されており、多くの来場者が足を運んでいる。 「母国に一番持ち帰りたい中国の生活スタイル?それはもちろん高速鉄道さ。なぜなら速くて […]

続きを読む…

中国タクシー業界の新たな目標

第272号  2017年6月20日発行

コラム 中国タクシー連盟は深センで「国際タクシー発展フォーラム」を開催し、私はそこで講演を依頼された。 私はタクシー業界の人間ではないのに、なぜ講演を依頼されたのであろうか。それは、今年の初め、日本社会がなぜ配車サービスのUber(ウーバー)を取り入れないのに、サービスの質を上げて顧客を獲得しているかという文章を書いたことにある。これは中国のタクシー業界で大きな反響を呼んだ。 私は講演の中で、日本 […]

続きを読む…

日本は7月に、AIIBに加盟申請するのか

第272号  2017年6月20日発行

特集 中国が主導して設立したアジアインフラ投資銀行(AIIB)の影響力がますます大きくなっている。16日、開業から1年を迎えた。加盟国は当初の57力国から80力国以上に増えた。 ■AIIB加盟国はADB超えた 日米が主導するアジア開発銀行(ADB)の67の国・地域を上回った。年内には85ヶ国・地域に拡大する可能性もある。主要7力国でAIIBに参加していないのは米国と日本だけ。 「米国がAIIBに参 […]

続きを読む…

「日本経済白書:中日経済貿易関係研究報告」を発表 日中協力 環境煙霧対策が突破口

第272号  2017年6月20日発行

特集 中国社会科学院日本研究所と社会科学文献出版社は9日に北京で、「日本経済青書:日本経済と中日経済貿易関係研究報告(2017年)」の発表会を共同開催した。 青書によると、全体としていえることは、外部環境の好転は、中日経済貿易協力関係の改善にプラスになるということだ。特に中期的にみた場合、中日経済貿易協力に影響するさまざまな要因の変化は「明暗こもこも」で、米トランプ大統領の就任が世界経済にマイナス […]

続きを読む…

「魅力上海」東京シンポジウム開催 伝統とモダンの都市・上海に魅せられて

第272号  2017年6月20日発行

特集 主催者を代表して上海市人民政府スポークスマンの徐威氏が開会の挨拶 「伝承・創造・未来」をテーマに掲げ「魅力上海」東京シンポジウムが6月11日東京・品川のホテルを会場に開催された。このシンポジウムは上海市人民政府新聞弁公室と上海海外連誼会中日分会の主催、駐日本国中国大使館の後援、株式会社アジア通信社(中国経済新聞)の協力のもとひらかれたもので、会場は日中双方の文化、メディア、政治、経済関係者、 […]

続きを読む…

夏休みは3千万人超が海外へ

第272号  2017年6月20日発行

特集 6月上旬の大学受験が終わり、子どもたちは学校が休みになり、一年で最も重要な旅行の繁忙期がやってきた。夏休みは今やしょっちゅう話題になるテーマの一つだ。オンライン旅行会社各社が発表したデータをみると、夏休みの海外旅行者数はのべ3千万人を突破し、学生の卒業旅行は予算が増えてよりリッチになることが予想される。 ■「元受験生」の5割が初海外 旅行予約サイト・携程旅行網が発表した予測報告によると、今年 […]

続きを読む…

中産階級はなぜ焦っているのか

第272号  2017年6月20日発行

特集 時代が発展すると、ややゆとりある暮らしを意味する「小康」という言葉は人々の視野から消えていき、「中産階級」が新時代のトレントワードになった。中産階級の暮らしはどのようなものだろうか。各種の報告から浮かび上がってくるのは、相当の収入と立派な仕事がありながら、不安と焦りに駆られて生きる中産階級の人々の姿だった。 中産階級は仕事や家庭、子どもの教育、資産価値の上昇などいろいろなことで焦っている。蘇 […]

続きを読む…

日系企業 「敗退」乗り越え対中投資拡大

第272号  2017年6月20日発行

日中経済 日系企業の中国市場における投資はなかなか難しい状況にあり、過去2年間には日系企業が中国から大規模に撤退するとのニュースがしばしば伝えられた。だが今や中国の広大で勢いのある市場と膨大な数の消費者を前にして、対中投資を再び拡大させたいと願う企業が出てきている。日本経済新聞の電子版は、中国人消費者の購買力が高まり、質の高い商品へのニ―ズが旺盛になり、こうした好材料の影響を受けて、日系企業は中国 […]

続きを読む…