中国 キャッシュレス決済時代へ

第273号  2017年7月25日発行

トップ記事 浙江省杭州市でこのほど、泣くに泣けず笑うに笑えない「窃盗事件」が起きた。杭州にやってきた2人の泥棒はコンビニ4軒に続けて盗みに入った。しかし、盗みに大れば入るほど、「何かおかしい」という違和感を感じるようになった。どのコンビニの小型金庫にも、現金はほとんど大っておらず、盗んだ現金を全てあわせても、杭州への往復の交通費にもならなかったのだという。 「杭州のコンビニには、なぜ現金がないのか […]

続きを読む…

夏の訪日中国人観光客は150万人に達する

第273号  2017年7月25日発行

HOT NEWS 2017年の夏休み海外旅行で一番人気があるのはどこか。新しい人気目的地はどこか。 旅行予約サイト・携程旅遊がこのほど発表した「2017年夏季海外旅行ランキング」をみると、今年の中国人観光客の夏季海外旅行の傾向が変化しており、多くの伝統的人気目的地が新興の目的地に取って代わられていることがわかる。圭だ今夏は3千万人が海外に出かけ、過去最高を更新することが予想される。 同ランキングに […]

続きを読む…

イトーヨーカドー 中国における成功と失敗

第273号  2017年7月25日発行

コラム 上海日本商工会の招待で、中国の小売業市場について講演を行った。12日上海に到着し、50社余りの日本企業責任者に対し、『中国小売市場の現状と日本企業のチャンス』と題して講演した。 講演の中で私はある例を示した。「イトーヨーカドーが北京で失敗し、四川で成功したのはなぜか」である。これを例にとったのは、中国はとても広くて、各地区で商業環境が全く異なり、大都市で失敗した事業が地方では成功することが […]

続きを読む…

中国人が日本の買物カタチを変わった

第273号  2017年7月25日発行

特集 中国ではいつも「スキャン」して支払いを済ませている雲さんは、日本の東京の人気観光地・浅草でも同じようにして支払いができることに気づいた。 店で馬油などの人気おみやげを買うと、レジの店員から「携帯電話の『微信』(WeChat)のQR コードを出してください」と言われた。店員はさっとスキャンして、支払いは完了した。 雲さんがおみやげを抱えて観光地を後にした時には、「微信銭包」(WeChatウォレ […]

続きを読む…

中国政界の「ダークホース」陳敏爾

第273号  2017年7月25日発行

特集 7月15日、中国共産党重慶市委員会書記が交替し、孫政才に変わって貴州省委員会書記・陳敏爾がこの中国の直轄市におけるトップのポストに就くという突然の通達が、中国共産党中央から発表された。 多くの中国人にとって、陳敏爾はあまり聞きなれた名前とは言えないだろう。彼は浙江省・諸曁市の生まれである。紹興師範専科学校の中国文学部を卒業後、数年間にわたってある中学で教鞭を取っていた。文章能力が評価され、紹 […]

続きを読む…

孫政才がなぜ突然拘束されたのか

第273号  2017年7月25日発行

特集 今年3月の全人代の重慶市代表団の討論会で、無言の孫政才(本紙撮影) 中国共産党第十九回大会を前に、中国各省で党委員会書記の交替が行われているが、当初、陳敏爾は貴州省を離れて広東省へ配属され、胡舂華に変わって省党委員会書記になると噂されていた。その理由は明快で、貧困地区の書記を務めた後、経済が最も発展した、そして香港の安定にも関係する広東省で党委員会書記を務めれば、陳敏爾の政治家としてのキャリ […]

続きを読む…

観光プラス高齢者サービス 新経済モデルに

第273号  2017年7月25日発行

特集 中国の既存の産業構造における牽引産業として、観光産業が徐々に国民経済の発展を促す重要なパワーになりつつある。最近の調査では、「観光プラス高齢者サービス」という新しいモデルが少しずつ広がり、旅をしながら老後の時間を過ごすのが高齢者向けサービスの新しいスタイルになっている。 高齢者サービス産業という巨大な市場を前にして、ここ数年、中国政府と関連部門は一連の文書を打ち出し、高齢者サービス市場を全面 […]

続きを読む…

中国人が日本製ロボットを爆買いしている

第273号  2017年7月25日発行

特集 中国人が日本で「爆買い」する商品は、かつての便座や炊飯器から今やロボットに変わった。これはどういうことなのだろうか。日本メディアの報道によると、最近、日本の機械メーカーは相次いで工業用ロボットの生産能力向上に努めるようになり、これは主に中国四「爆買い」ニーズをにらんでのことだという。日本ロボットエ業会のまとめた統計によると、2017年1~3月の日本ロボット産業の対中輸出額は前年同期比48%増 […]

続きを読む…

日本企業の対中投資は回復できるのか?

第273号  2017年7月25日発行

日中経済 2012年以降、日本の対中投資は年々下降し続け、日本企業の撤退が勢いづいている。日本企業の対中投資はなぜ下降し続けたのか?また将来的な対中業務はどうなっていくのだろうか?中国日本商会がこのほど行った「中国経済と日本企業2017年白書」発刊記者会見において、こうした問題に対する答えを得ることができた。 日本企業の対中投資に変化、投資額が回復か? 白書によると、日本の対中投資の実行額は201 […]

続きを読む…

「日本食材展示会」が北京で開催

第273号  2017年7月25日発行

日系企業 「第13回日本業務食材展示会」と「第6回山形県産食品展示会」、「第5回福岡県・鹿児島県・四日市産食品展示会」が13日、北京で開かれた。会場には日本の地方自治体の商工会議所や日本の食品メーカーの他、在中日系食品メーカーが各地方の特産品や新商品などをPRした。 会場には日本酒や醤油、みそなどの調味料から麺類や米、土鍋や茶器といった焼き物まで、日本料理を取り巻く展示品のブースが並んだ。 ◆食材 […]

続きを読む…