中国「お一人様経済」が発展

第275号  2017年9月15日発行

トップ記事 中国は独身時代に入り、独身貴族がますます増えている。統計によれば、現在、中国には独身の男女が約2億人おり、うち、男性が女腔より3388万人多い。しかし、都市では、独身の女性の数が男性より多い。発展している都市ほど、独身の女性が多い。都市の発展のレベルと独身の男女の比率は反比例している。例えば、上海では、独身男性は独身女性の4分の1しかおらず、それらの独身女性のほとんどが30~35歳だ。 […]

続きを読む…

東京都産食品 中国で不合格

第275号  2017年9月15日発行

HOT NEWS 広州出入境検験検疫局が明らかにしたところによると、同局の空港宅配便中継センター支局がこのほど海外から運ばれた越境EC商品を検査した際、日本製食品107ロットが不合格になったという。いずれも原産地証明書や放射線量検査の合格証明書などの関連文書が不備で、新谷酵素サプリメントの14ロットは放射能汚染地域の東京都が産地であり、同局の作業員が法律に基づいて返品処理を行ったという。 同局の説 […]

続きを読む…

国慶節海外旅行 日本がトップ2

第275号  2017年9月15日発行

HOT NEWS 中国下半期最大の旅行ピークとなる国慶節(建国記念日、10月1日)大型連休が近づいている。携程旅遊網はこのほど、「2017年国慶節連休観光情勢予測報告」を発表した。 国慶節旅行の旅行先では、どこが最も人気が高いのだろう?海外旅行では、欧米行き長距離ツアー予約はすでに落ち着き、今は中・短距離の海外旅行予約がピークを迎えている。8月下旬時点での携程のツアー・個人旅行予約データによると、 […]

続きを読む…

日中関係は「再正常化」すべき

第275号  2017年9月15日発行

コラム 9月8日、中国政府は北京人民大会堂で、日中国交正常化45周年記念パーティを閧催した。中国人民対外友好協会からの招待状が届き、私は東京から北京に飛んだ。 中国政府は5年、10年の区切りに記念パーティを主催し、日中友好交流事業に貢献した人々を招待してきた。5年前には、尖閣諸島(中国名:釣魚島)「国有化問題」があり、すでに準備していたパーティをキャンセルしたこともあった。今回は10年ぶりの記念活 […]

続きを読む…

中国共産党第19回党大会への展望

第275号  2017年9月15日発行

特集 正真正銘の「習近平政権」の陣容はどうなる 中国共産党第19回党大会が10月18日に開かれる。日本の政党の大会は年に1回開かれるが、中国共産党は5年に1回という間隔で開かれる。中国共産党大会は大変重要な政治的イベントで、第18回大会は胡錦濤政権から習近平政権へ移行する大会だった。そ して今回の第19回党大会は、いよいよ正真正銘の「習近平政権」が誕生する大会となる。 中国共産党中央委員会に政治局 […]

続きを読む…

45年 日中国交正常化「秘話」

第275号  2017年9月15日発行

特集 訪中時、田中角栄首相はなぜ暗殺を懸念したのか 北京・人民大会堂には百回は入っているが、食事をするのは初めてだ。 9月8日の夜、中国人民対外友好協会と中日友好協会による日中国交正常化45周年記念レセプションが、人民大会堂の金色ホールで行われた。 私も招待にあずかり、日中友好のために長年奔走してきた両国の先輩方に会う機会を得た。 このレセプションにおいて、自ずと二名の特別ゲストが中心人物となった […]

続きを読む…

中日国交正常化45周年 記念レセプション 人民大会堂で開催

第275号  2017年9月15日発行

特集 中国の元国務委員で中日友好協会会長の唐家璇氏の挨拶王晨副委員長は河野洋平会長と会談 中日国交正常化45周年記念レセプションが8日夜、北京で開催された。全国人民代表大会常務委員会の王晨副委員長兼事務局長が出席し、中国の元国務委員で中日友好協会会長の唐家璇氏、中国人民対外友好協会の李小林会長、日本の元衆議院議長で日本国際貿易促進協会会長の河野洋平氏などがあいさつした。 中国共産党トップの政治局常 […]

続きを読む…

ロッテが中国店舗の売却を検討

第275号  2017年9月15日発行

特集 ロッテマートは、終末高高度防衛ミサイル(THAADミサイル)の問題で陥った経営の苦境から脱却するため、3億ドルを出資して、中国エリアのロッテマートに2回目の緊急「輸血」を行うことを決定した。ロッテマートは2億1千万ドル(約230億円)を短期借入金の返済にあて、残りの9千万ドルを中国のロッテマートの運営資金に回すという。 ロッテマートは2008年に北京で開業したのを皮切りに、中国全土で112店 […]

続きを読む…

中国人大学生の日本企業訪問 目にしたものは

第275号  2017年9月15日発行

特集 「笑顔を見せると、自動販売機が飲みたい飲み物を出してくれるんだって!」という話を聞いた広東海洋大学の陳林さんは、いてもたってもいられず自分で試しに行った。思い切り口角を上げて標準的な笑顔を作ると、「ガタン」という音とともに機械から飲み物が出てきた。 陳さんが試しだのは日本の富士電機が製造したスマート自動販売機だ。顧客の性別や年齢などのビッグデータを収集分析し、その顧客の好打飲み物を「当てる」 […]

続きを読む…

中国の「爆買い」から日系企業の「爆売り」へ

第275号  2017年9月15日発行

日中経済 「旅行で爆買い」が以前は中国と日本の民間消費を牽引する主要原動力だったが。今ではこの勢いは「ネットで爆買い」に取って代わられつつある。中国人消費者の消費習慣の転換の動きを敏感に察知する日本の企業は、越境EC事業での配置を次々に進め、「ネットで爆売り」で「旅行で爆買い」の温度低下による空白を埋められるよう力を尽くしている。 ■「ネットで爆買い」が徐々にトレントに 2組のデータが中日民間消費 […]

続きを読む…