4.8億人市場、高齢者介護産業が「金鉱」に

第275号  2017年9月15日発行

消費市場 2016年末までに、中国の60歳以上の高齢者数は約2億4000万人に達した。2050年までに中国の高齢者人口は4億8000万人に上り、世界の高齢者の4分の1を占めると見られている。 8月27日に発表された「中国都市養老指数青書2017」によると、中国は世界で人口が最も多い国というだけではなく、高齢者の数も最多な国であることが明らかになった。また青書では高齢化が各地域で深刻化しつつあり、中 […]

続きを読む…

中国のチョコレート消費量が倍増

第275号  2017年9月15日発行

消費市場 チョコレートは中国で、舶来の食品、高級品とされていた。人々は貴重な贈答品を購入する時、もしくは自分にご褒美を与える時だけ、チョコレートのことを思い出していた。ところが今や、若い世代の間でチョコレートファンが増えており、世界チョコレート産業に重要な影響を及ぼす可能性がある。 中国には、多くの若いチョコレートファンがいる。13億人の人口を持つ大国の新動向は、世界チョコレート産業に大きな影響を […]

続きを読む…

大手ネット通販 何を売れているのか

第275号  2017年9月15日発行

消費市場 「2017中国売れ筋商品業界年度サミット」において、大手ネット通販「京東」は、第2四半期の売り上げによると、京東はすでにネット販売と店頭販売のいずれにおいても中国市場で最大のスーパーマーケットとなり、年初に公布した「双百億クラブ」計画を前倒して達成できる可能性があると発表した。京東はこの先1年で、500種類の売れ筋商品ブランドの売り上げで1億元(約16億5000万円)突破を目標としている […]

続きを読む…

「新学期経済」、文房具と携帯電話の出足好調

第275号  2017年9月15日発行

消費市場 新入学の大学生はブランドを重視し、3千元前後(約5万円)の携帯機種を買う。 9月1日から、中国新学期が始まった。「微信」(WeChat)のモメンツは新学期準備の情報であふれている。 「新学期経済」の後押しを受けて、北京市の文房具、コンピューター、携帯電話の各市場は新たな売り上げ繁忙期を迎えつつある。 いくつかの学校にある文房具店を訪れたところ、最近はどこも商売がすこぶる好調であることがわ […]

続きを読む…

プロ仲人は月収165万円

第275号  2017年9月15日発行

消費市場 中国には仕事の合間に仲人をするボランティア仲人もいれば、仲人を職業とするプロ仲人も大勢いる。プロ仲人の収入は一般的なホワイトカラーを上回り、好調な時は月収が10万元(約165万円)に達することもある。 台湾のメディア「中時電子報」によると、現代人の生活は忙しく、今時の若者の多くは仕事に追われ、交際範囲が相対的に狭く、こうした状況の中、人のために結婚を仲介する仲人が人気の職業になりつつある […]

続きを読む…

人民元上昇が国慶節連休の海外旅行にも好材料に

第275号  2017年9月15日発行

投資 現在、世界の為替相場で大きな変動が起きており、米ドル指数が大幅に低下している。 8月31日の人民元の対ドルレート基準値は1ドル6・5918元で、2016年9月22日以来の対高値を更新した。中国人の海外旅行にとって好材料だ。 旅行予約サイト・途牛旅遊網の関連部門責任者は、「元の対ドルレート上昇は、海外旅行者にとっては、旅行先での消費や買い物でこれまでよりかなりの金額が節約できることを意味する。 […]

続きを読む…

外資系銀行も微信支付に対応

第275号  2017年9月15日発行

投資 スタンダードチャータード銀行はこのほど、「微信支付」(WeChatペイメント)に対応するようになったことを発表し、ウリイ銀行、ハナ銀行、東亜銀行、恒生銀行(中国)などに続き、微信支付の決済機能に対応した外資系銀行の仲間入りをした。これと同時に、従来型銀行とネットバンキングという2大陣営間の「混戦模様」がますます激しさを増している。 スタンダードチャータード銀行のクレジットカード保有者は微信支 […]

続きを読む…

仮想通貨による資金調達を禁止

第275号  2017年9月15日発行

投資 最近、中国では仮想通貨を発行する形でのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)をはじめとした資金調達活動が大量に行われるようになり、投機行為やあおり行為が盛んになり、違法な金融活動への関わりが疑われ、経済金融の秩序を大きくかき乱している。 9月4日には、中国人民銀行(中央銀行)、中央サイバーセキュリティ・情報化指導チーム弁公室(中央網信弁)、工業・情報化部(省)、国家工商行政管理総局(工商 […]

続きを読む…

12分野で外資参入を緩和

第275号  2017年9月15日発行

経済政策 中国商務部(商務省)の王受文副部長は8月25日に国務院新聞弁公室で行われた政策ブリーフィングの席で、「対外開放の分野について、これからスケジュールとルートマップを制定する」と述べた。ブリーフィングには国家外国専門家局の張建国局長と財政部(財務省)の王建凡司長が同席し、「外資増加促進の若干の措置に関する通達」の進行状況を明らかにした。 同通達では、12分野における外資の参入を一層緩和する方 […]

続きを読む…

環境保護税、導入のカウントダウンが始まる

第275号  2017年9月15日発行

経済政策 2018年1月の施行を控え、環境保護税導入のカウントダウンが始まった。税務部門は現在、環境保護部門と緊密に連携し、導入前の準備作業を急ピッチで進めている(汚染物排出企業の情報の通達、課税先の情報の把握、情報共有プラットフォーム課税管理システムの開発など)。「環境保護税法」実施条例も、間もなく国務院の審議に提出される。 中国初の生態文明建設を促進する税法「環境保護税法」が、2018年1月工 […]

続きを読む…