2017年末に思うこと

第278号  2017年12月20日発行

コラム 月日の経つのは速いもので、もう年末である。 中国にとって2017年は、中国共産党第19回全国代表大会が開催され、「習近平思想」の確立、二つの「百年夢」目標の提示があるなど、「世界の中国」へと向かう一年であった。日本にとっては、衆院選の大勝により安倍政権が安定期に入り、経済面では発展が見られないものの、政治的には憲法改正に向けた大きな一歩を踏み出したといっていいだろう。日本も「世界の日本」へ […]

続きを読む…

激動、大乱の年を送るにあたって

第278号  2017年12月20日発行

コラム 2017年が暮れようとしている。 今年も、アジアそして世界、日本は多難かつ「大乱」の年だった。なんといっても米国にトランプ政権が誕生したことが、その後の世界の変化、変容を引き起こす動因となっていることは誰しも認めるところだろう。 何か変わった、あるいは変わりつつあるのか。 このコラムでも繰り返し述べてきたことだが、米国単独覇権の世界秩序に根底からの動揺が起き、世界の構造的大転換の時代をわれ […]

続きを読む…

トランプの本当の思い

第277号  2017年11月20日発行

コラム アメリカ大統領・トランプのアジア訪問を取材するため、私は韓国へ向かった。 日本にいると、今にもアメリカが北朝鮮と戦争を始めそうに感じる。日本政府や世論も毎日のように「国難」を連呼し、まるで日本列島が戦争を迎えようとしているかのようだ。しかし韓国に到着すると、耳に入るものや感覚は一変した。 トランプが日本から韓国へ向かう前の夜、私はソウルヘ到着した。ホテルに荷物を置くと、私はまず光化門広場へ […]

続きを読む…

トランプ「五都物語」に何を見る

第277号  2017年11月20日発行

コラム 2017年11月5日午前10時38分、横田。米国大統領専用機「エアフォース・ワン」から降り立ったトランプ大統領の第一歩がここに記された。そして日本国外務大臣たる河野太郎氏が出迎えた。しかし!横田基地は言うまでもなく「異国の中の日本」である。敷衍して言えば、日本国の外務大臣が「米国」に出向いて賓客を迎えるという、まったくの形容矛盾としか言えない光景である。日本という国が依然として戦後の占領下 […]

続きを読む…

習近平総書記の自信

第276号  2017年10月27日発行

コラム 10月中旬、中国共産党第19回全国代表大会を取材するため、私は北京へ向かった。1997年に第15回大会を取材してから、20年間で5回目の取材となる。 北京人民大会堂で行われた開幕式において、習近平総書記が政治報告を行った。これは彼が中国の最高指導者になって初めての政治報告であり、彼は3時間あまりの時間をかけて、終始穏やかな口調で報告書を読み終えた。2階の記者席でこの報告を聞いた私の脳裏には […]

続きを読む…

中国共産党大会、「もう一つの視点」から

第276号  2017年10月27日発行

コラム 「習氏の権威強化鮮明」「中国指導部『習派』多数に」「習氏権力固め前進と停滞」…。 いうまでもなく中国共産党第19回大会閉会を伝えるメディアの見出しである。日本の各メディアの関心が奈辺にあるのかを如実に示している。しかし、大会での習近平総書記の「政治報告」をつぶさに読み込み、そこから何を読み取るのかという視角からの考察はきわめて希薄だと言わざるをえない。 中国は何をめざし、どこに行こうとして […]

続きを読む…

日中関係は「再正常化」すべき

第275号  2017年9月15日発行

コラム 9月8日、中国政府は北京人民大会堂で、日中国交正常化45周年記念パーティを閧催した。中国人民対外友好協会からの招待状が届き、私は東京から北京に飛んだ。 中国政府は5年、10年の区切りに記念パーティを主催し、日中友好交流事業に貢献した人々を招待してきた。5年前には、尖閣諸島(中国名:釣魚島)「国有化問題」があり、すでに準備していたパーティをキャンセルしたこともあった。今回は10年ぶりの記念活 […]

続きを読む…

朝鮮半島危機をのりこえるために

第275号  2017年9月15日発行

コラム 北朝鮮の6回目の核実験に対して、国連安全保障理事会は11日夕(日本時間12日朝)、新たな制裁決議を全会一致で採択した。国連加盟国に対し、ガソリンや軽油などの石油精製品について年間200万バレルの対北朝鮮輸出の上限を設け、原油については過去1年分の輸出量までの輸出を認めるとした。米国は当初、石油の全面禁輸を掲げたが、「中口との妥協のため譲歩を余儀なくされた」とメディアが伝えている。しかし、果 […]

続きを読む…

日本企業はなぜ中国人に売りたくないのか

第274号  2017年8月15日発行

この数か月、私はある中国企業の日本企業買収のお手伝いをしてきた。 この日本企業は小さな自動車部品メーカーで、社員はわずか20名あまりだが、60数年の歴史のある工場だ。ずっとトヨタや日産自動車の部品を製造してきた。この会社の平沢社長は70歳を超えているが、父から工場を引き継いだ。子供は娘さんが二人で、彼女たちも娘婿もこの会社を引き継ぐことを希望せず、また社長自身もこれ以上経営することはできず、手放す […]

続きを読む…

日本企業はなぜ中国人に売りたくないのか

第274号  2017年8月15日発行

コラム この数か月、私はある中国企業の日本企業買収のお手伝いをしてきた。 この日本企業は小さな自動車部品メーカーで、社員はわずか20名あまりだが、60数年の歴史のある工場だ。ずっとトヨタや日産自動車の部品を製造してきた。この会社の平沢社長は70歳を超えているが、父から工場を引き継いだ。子供は娘さんが二人で、彼女たちも娘婿もこの会社を引き継ぐことを希望せず、また社長自身もこれ以上経営することはできず […]

続きを読む…