中国経済の7大シグナル発信

第274号  2017年8月15日発行

上半期の中国経済は国内総生産(GDP)増加率が6・9%になるという成果を上げた。下半期は安定しつつ好転する局面をどのように続けていけぱよいか、財政金融面のリスクをどのように防げばよいか。中国共産党中央政治局は7月24日に会議を開き、当面の経済情勢を分析・検討するとともに、下半期の経済業務を計画した。伝えられる言葉の端々から、中国経済をめぐる7つのシグナルが伝わってくる。 ■第一のシグナル:安定と進 […]

続きを読む…

7億人ネットユーザーのスマホ生活実態

第274号  2017年8月15日発行

携帯電話でネットを利用する人は7億人以上で、ユーザーの月平均モバイルインターネット通信量は1・5GB以上。こんなにも通信量が多いのは、スマホが手放せなくなるのが癖になっているからだろうか、それとも生きるため必要だからだろうか。スマホ族のあなたは果たして、より素睛らしい生活を送っているのだろうか、それとも焦りを募らせているのだろうか。 ◆月平均の通信量は1・5GB、どこに消費した? 北京市民の王麗霞 […]

続きを読む…

中国経済の7大シグナル発信

第274号  2017年8月15日発行

中国経済 上半期の中国経済は国内総生産(GDP)増加率が6・9%になるという成果を上げた。下半期は安定しつつ好転する局面をどのように続けていけぱよいか、財政金融面のリスクをどのように防げばよいか。中国共産党中央政治局は7月24日に会議を開き、当面の経 済情勢を分析・検討するとともに、下半期の経済業務を計画した。伝えられる言葉の端々から、中国経済をめぐる7つのシグナルが伝わってくる。 ■第一のシグナ […]

続きを読む…

7億人ネットユーザーのスマホ生活実態

第274号  2017年8月15日発行

中国経済 携帯電話でネットを利用する人は7億人以上で、ユーザーの月平均モバイルインターネット通信量は1・5GB以上。こんなにも通信量が多いのは、スマホが手放せなくなるのが癖になっているからだろうか、それとも生きるため必要だからだろうか。スマホ族のあなたは果たして、より素睛らしい生活を送っているのだろうか、それとも焦りを募らせているのだろうか。 ◆月平均の通信量は1・5GB、どこに消費した? 北京市 […]

続きを読む…

中国「智造」は「盆栽式環境」を突破できるか

第270号  2017年4月20日発行

中国経済 常熟開関製造有限公司、珠海格力電気有限公司、慶門(アモイ)宏発電声有限公司、江蘇中天科技有限公司、この4つの科学技術企業を掘り下げて調査研究すると、共通の特徴があることに気がつく。それは専用の製造設備を自主開発し、これを土台として生産の自化を実現し、スマート化へ移行したことだ。こうした企業は製造のバージョンアップの実践を自ら推進し、長らく流行した思想や産業政策の習慣性とは明らかに衝突する […]

続きを読む…

世界一の製造大国、いつまで維持できるか?

第268号  2017年2月15日発行

中国経済 「メイド・イン・チャイナ」がスマート化を実現する前に、国内外で問題が生じている。国内では実体経済の成長が鈍化し、海外ではトランプ氏が米国の製造業を回帰させると叫び続けている。デロイトトーマツと米競争力協議会は、中国は2020年までに世界製造業競争力指数が低下し、米国に追い抜かれる可能性があると予想した。またドイツや日本などと比べても、中国の競争力が低下を続けている。 コンサルティング会社 […]

続きを読む…

国産大型航空機C919 今年上半期に「初飛行」へ

第268号  2017年2月15日発行

中国経済 中国商用飛檐有限責任公司が6日に明らかにしたところによると、国産大型旅客機「C919」のプロジェクトでは、2017年上半期に「初飛行」が行われる予定という。 C919は中国で独自に設計・研究・開発された国産大型旅客機で、座席数150以上の中・短距離ナローポディ機。市場での主な競争相手は人気のあるエアバス320シリーズおよびボーイング737シリーズだ。 C919は搭載するシステムの取り付け […]

続きを読む…

中国企業の対日不動産投資が過熱中

第266号  2016年12月15日発行

中国経済 ■2016年の中国経済① 近年、訪日外国人観光客が大幅に増加しているのを背景に、日本のホテル投資が加熱している。2015年末、中国のコングロマリット・復星集団(フォースン・グループ)が、北海道の「星野リゾート・トマム」の株式100%を184億円で買収。これに対して、業界で驚きの声が上がった。日本の大都市のホテルは高稼働率で、宿泊料金が高騰している。また、20年には東京五輪があり、中国人観 […]

続きを読む…

供給側の構造改革 深く歩みを進める

第266号  2016年12月15日発行

中国経済 ■2016年の中国経済② 2015年末の中央経済活動会議で、経済発展の「新常態」について「どう見るか」「どうするか」をめぐり、戦略的な計画が打ち出された。総需要を適度に拡大するとともに、供給側の構造改革に注力する方針が提起された。 「供給側の構造改革は市場の期待と信頼感を高め、生産分野のデフレを顕著に和らげる。工業企業の利益は改善が続き、固定資産投資の伸びは安定回復に向かう。経済成長率は […]

続きを読む…

中国の対米直接投資は倍増

第266号  2016年12月15日発行

中国経済 ■2016年の中国経済③ 中国の対米直接投資が初めて米国の対中直接投資超える。 2015年の中国企業の対米直接投資は前年比28・6%増の153億ドル(米民間調査会社口ーディアム・グループ調べ)に上り、過去最高を記録した。M&Aが約9割を占め、不動産、金融、エネルギー分野への投資額が大きかった。2016年1~10月、中国の対米投資は173・9%増と成長が著しかった。製造業向けの投資額だけは […]

続きを読む…