日本初の本格的な中国経済情報専門誌・2001年創刊

ホンダ 中国企業とAI技術を共同開発

第278号  2017年12月20日発行

日中経済 7日、ホンダと中国の人工知能会社「商湯科技」は共同で自動運転技術の研究を深め、AI自動車開発をより速く発展させることを目指し、長期の提携契約を結んだ。双方はホンダの自動車のコントロールシステムの技術を基盤に、商湯科技が世界でリードしている視覚計算システムと開発基盤を融合し、共同でレベル4の完全自動運転の実用化を目指す。他にも、ホンダは商湯科技とともにロボット産業にも参入する方針だ。 商湯 […]

続きを読む…

日本郵政 中国の宅配企業と提携

第278号  2017年12月20日発行

日中経済 日本郵政は、中国の宅配企業と新たな提携を展開し、日本の通販サイトのショップが事前に備案登録をした中国の宅配企業を通して、中国の税関に商品情報などを報告することができるようにした。中国の消費者が通販サイトで注文すると、中国の宅配企業が税関に注文情報と支払い情報を伝える。一方、日本のショップは注文を受けた後、日本郵政を通して商品を中国の保税倉庫へ送り、通関手続き終了後に中国の宅配企業が商品を […]

続きを読む…

「最も価値ある中国ブランド」1位は淘宝

第278号  2017年12月20日発行

産業 胡潤研究院が5日に発表した「アウディA8Lリミテッドエディション・2017年胡潤ブランドランキング」によると、今年の「最も価値ある中国ブランド」にはブランドバリュー評価額が4500億元(約7兆6500億円)の淘宝(夕オバオ)が選ばれた。2位は騰訊(テンセント)で評価額は3500億元、3位は百度(ハイドゥ)で3150億元だった。 胡潤百富の胡潤会長兼首席調査研究員は、「新しい営業販売モデルがブ […]

続きを読む…

中パ経済回廊発電所が発電開始

第278号  2017年12月20日発行

産業 中国・パキスタン経済回廊(CPEC)で初めて実施されたエネルギープロジェクト「パキスタン・カシム港火力発電所ユニット第1号基発電セレモニー」が11月29日、パキスタンのカラチで行われた。このプロジェクトの資金は中国電力建設集団が51%を、カタール王室が出資するファンドAMCが49%をそれぞれ出資し、総投資額は20億8500万ドル(約2334億7800万円)に達し、工期は36ヶ月だ。 […]

続きを読む…

2020年までに宅配用包装材の回収システムを構築

第278号  2017年12月20日発行

産業 中国国家郵政局や国家発展改革委員会、科学技術部(省)、工業・情報化部(省)、環境保護部(省)などの10の部・委員会が「宅配用エコ包装業務共同推進に関する指導意見」を共同で発表し、2020年までに分解可能なエコ包装材を使用する割合を50%まで引き上げ、専用の宅配包装材回収システムを構築することを明らかにした。 同意見では、2020年までに重金属などの基準値を超えた特殊物質でできた包装資材の使用 […]

続きを読む…

ハイエンドスマート再製造の3年発展計画発表

第278号  2017年12月20日発行

産業 ハイエンド再製造、スマート再製造(以下「ハイエンドスマート再製造」の発展を推進しようと、中国工業・情報化部(省)がこのほど打ち出した「ハイエンドスマート再製造行動計画(2018~20年)」は、中国は今後3年、医療用撮影装置や、重型工作機械、油田・ガス田の装置などのカギとなる分野、付加製造、特殊材料、スマート加工、非破壊検査など、エコな基盤技術の再製造の分野における応用などに的を絞って、再製造 […]

続きを読む…

国家能源投資集団設立 4分野で世界最大

第278号  2017年12月20日発行

産業 中国国電集団と神華集団が合併再編してできた新会社・国家能源投資集団公司が11月28日、設立大会を開催した。再編後の新集団の資産規模は1兆8千億元(約30兆6000億円)に上り、中国のエネルギー分野でまた1つ「空母級」の中央企業(中央政府直属の国有企業)が誕生したことになる。石炭製造、火力発電、再生可能エネルギー、石炭液化・石炭化学工業の分野では世界最大の企業だ。 […]

続きを読む…

比亜迪がモロッコに新工場

第278号  2017年12月20日発行

産業 中国の自動車メー力ー・比亜迪は9日、モロッコのカサブランカ市との間で了解覚書に調印した。北部のタンジール近くに新工場を建設し、電気自動車を製造するという。これで比亜迪はルノーとプジョーに続き、北アフリカに工場を建設する3番目の自動車メーカーになる。 […]

続きを読む…

農村ツーリズムの消費規模が160億に

第278号  2017年12月20日発行

産業 最近、青島市が《青島市農村ツーリズムの発展を促進する質上げ行動方案【2017】》を発表した。方案内容は、2018年までに、システムの完備や合理的な配置、優良な品質、百花斉放するように大いに栄える農村ツーリズ厶の発展構造を作り上げ、年に2900万人以上を受け入れ、農村ツーリズムの消費規模を160億元(約2720億円)まで引き上げ、更に約10万戸の市民に利益をもたらすようにするとされている。 […]

続きを読む…

青島農業メーカーのシェア率が40%超え

第278号  2017年12月20日発行

産業 青島農業メーカーは急速に発展している。メーカーの業界内のシェア率がすでに40%を超えている。 統計によると、現在、青島は農産物の商標登録を1・9万以上しており、中国著名の農産物ブランドの商標が12個、山東省著名の商標は79個ある。その内、国の地名を記した農産物が51個あり、これは副省級市の卜ツプである。すべての市の中で「三品一標」商品は920個に達する。膠州大白菜と大澤山葡萄はすべての省で名 […]

続きを読む…